内祝いの選び方

赤ん坊

挙式後に贈る品

挙式や親戚の挨拶周り、出産などが無事に終了したら、内祝いについて考えないといけません。しかし、結婚式で頂いた素敵なプレゼントに見合ったお返しを選ぶのも一苦労でしょう。また、内祝いなんて何を贈ったらいいの?と悩む方も多いはずです。そんな方達には通販を利用することをおすすめします。通販では内祝いなどの結婚式のお返しを簡単に選ぶことが可能です。そのため、今では通販を利用してギフトを贈る新郎新婦が増えているのです。お米を綺麗な入れ物に入れたものなんてのもありますよ。

カタログギフトの存在

結婚式に頂いたプレゼントのお返しで喜んでもらえるギフトとして、カタログギフトが評判です。親戚、お世話になった上司など、好みが把握できていない場合にはカタログギフトを選んでみるのもいいでしょう。カタログギフトでは、豊富な商品のラインナップから好みの商品を選ぶことができます。そのため、相手に贈る品にも悩まなくてもいいですし、相手も自身で好みの商品を選ぶことができるので満足できます。

他にもおすすめできる商品

カタログギフト以外にも、内祝いとして選ばれているのはタオルや食器、洗剤・石鹼などが挙げられます。その中でもタオルはお返しの定番と言える商品です。今では、内祝い用に高級感あふれるタオルもギフト専門店で取り扱っています。もしも、内祝いでタオルを贈ることを考えているなら有名ブランドのタオルなど贈ることをおすすめします。有名ブランドのタオルならば、品質にこだわっているものも多く、相手に喜んでもらえること間違いありません。

内祝いに関する疑問

内祝いの贈る時期は?

内祝いを贈る時期は挙式が終わってから、1ヶ月以内が一般的と言われています。もちろん、挙式を挙げていなくてもお祝いを頂くことはあるので、そういった場合にもお返しとして内祝いを贈る必要があります。その場合は、入籍して1ヶ月以内が理想的になります。

内祝いの理想的な渡し方は?

内祝いは祝い品を贈ってくれた相手に直接、お礼の言葉とともに渡すことが理想的になります。しかし、自身と相手の都合がつかない場合には、ギフト専門などを通して配送するのもいいでしょう。その際には、事前に相手に感謝の言葉を伝えてギフトが届くことを説明しておくといいです。

内祝いを早く頂いた場合は?

基本的に結婚祝いは、1ヶ月前から1週間前ぐらいに贈られますが、それよりも早く頂くことも十分にあります。そういった場合、挙式前にお返しの品を贈っても大丈夫です。挙式後に贈りたいと思うのなら、電話やお礼状で感謝と挙式後に贈る旨を伝えましょう。

お返しが遅れてしまった場合は?

お返しが遅れていると気付いた段階ですぐに贈れるように商品やギフトを手配しましょう。また、遅れている場合にはお礼状にお詫びの言葉を書き添えておきましょう。相手に誠意が伝わる文書を手書きするのが理想的です。

内祝いの金額はどれぐらい?

内祝いでの金額の目安としてはお祝いの半額程度と一般的に言われています。しかし、半返しはあくまでも一般的な話ですから、贈る相手との関係などによってそれぞれ対応するといいでしょう。ただ、あまり高い内祝いを贈ってしまうことはNGですから注意しましょう。

内祝いを贈る時に読みたい記事

赤ん坊

内祝いの選び方

結婚内祝いに何を贈ったらいいか悩んでいる方も多いでしょう。内祝いは贈る相手によってお返しの品を変えないといけません。そのため、最近では、カタログギフトが内祝いとして選ばれているのです。

READ MORE
広告募集中